介護福祉士らくらく合格勉強法 口コミ、情報、レビュー

問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格 口コミ、情報、レビューについて紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老老介護と移送サービス

わが家は乗用車で介護しています。セダンタイプの車は助手席だけがリクライニングするのですが、車椅子を後部座席に畳んで入れて、乗り降りには大変気を使います。
病院に行くとワンボックスカーから車椅子毎乗り降りする様子を見て、「楽そうだなあ」とつくづくおもいました。運転する方は、乗っている方も快適だと思います。

このような、通院のための介護移送サービスについて調べてみました。
病院へ通う時の移送サービスつとしては、要介護1~要介護5の認定を受けた方が該当する「通院等のための乗車又は降車の介助」というものがあります。
これは、「通院等乗降介助」ともいいます。
これは介護タクシーではなく、ホームヘルパーが運転します。自宅まで迎えに来てくれますが、このような介護移送サービがある訪問介護事業所は限られています。
あなたのケアマネージャーと相談してみてください。
費用は訪問介護事業所が料金を決めています。介護サービス利用料が加算されます。

要介護の認定を受けていない、要支援1や要支援2の場合は、これらの「通院等のための乗車又は降車の介助」を原則的には利用できないようです。

しかし、最近、全国各地で移送サービスというものが充実してきました。多くの場合は介護車両や介護資格を有したドライバーがいるNPO法人がサービスを提供しています。
これらの車両を利用して、片道20キロを移送するコストを比較した場合、自家用車の買い替え、タクシー、移送サービスのうち移送サービスが一番安いようです。
介護タクシーという言葉が普及してきましたが、介護タクシーは通院や介護施設だけにしか利用できないという事はありません。
例えば、ドライブや買い物も可能なのです。介護車両用の駐車スペースも利用できます。
この場合は介護料金は適用になりません。
一般のタクシーより若干割高にはなります。でも、乗用車型のタクシーに窮屈な姿勢で乗るよりも、リクライニング機能のついた介護タクシーの方がはるかに快適と言えるでしょう。
予約料金や送迎料金もかかりますが、乗用車を買いかえて慣れない大きな車を運転する苦労よりも、介護タクシーを上手に利用することも、介護される側、介護する側にとって、長い介護生活の負担を軽くするために必要な知識と言えるでしょう。
スポンサーサイト

介護タクシーと介護保険

介護タクシーを利用していますか。老老介護の社会ですが、通院や介護センターへの高齢者を連れて行く事は介護には必ず出てくる場面です。
高齢者の介護の苦労は様々です。通院やケアセンターに連れていく方法は、皆さんどうしていますか。私の知り合いでは、乗用車を買いかえて、車椅子が昇降できる機能付きのミニバンを購入しました。通常のミニバンに比べて200万円ほど高くなるので400万円ほどになったそうです。それでも自分で運転しなければならないので、通院やケアセンターやちょっとしたドライブへ行くためには時間が拘束されると嘆いていました。

自宅から病院まで20キロもあるのですが、これまでタクシーを利用していたそうです。
通常のタクシーだと、車椅子ごと乗れないので、折りたたみ式の車椅子を別途購入し、タクシーのトランクに積んで出かけます。

介護タクシーはワンボックス型の車なので、車椅子毎乗車できます。昇降機能もついているので、乗り換えも不要です。車椅子は一台でよいというわけです。
このような介護タクシーに介護保険が適用になることはご存知でしょうか。
介護タクシーを上手に利用して、介護のトータルコストや苦労を軽減する知識も老老介護には必要ですが、このような情報を知ることが出来ないのも老老介護の問題です。
この記事を読まれた方はネットで介護タクシーや移送サービスで検索をすると身近にサービスがあることが多いので、プリントして渡してあげると喜ばれるかもしれませんよ。

 | 介護福祉士らくらく合格勉強法 口コミ、情報、レビュー | 

SEO対策:認知症 SEO対策:高齢 SEO対策:介護 SEO対策:医療 SEO対策:保険
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。