介護福祉士らくらく合格勉強法 口コミ、情報、レビュー

問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格 口コミ、情報、レビューについて紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ためしてガッテンでの介護特集について

介護の問題は深刻ですね。テレビ番組でも取りあげられ、視聴率も高いようです。皆さんがインターネットで教えてgooなどを利用していると思いますが、病人の介護、高齢者の介護について、質問に対して真剣に答えてくれている皆さんがいます。

皆さん、自分の事のように、痴呆症や高齢者介護、老老介護について実感を持って答えてくれています。NHKのためしてガッテンでも介護について取り上げていました。40代の夫婦役を演じる梅沢さんと山本さんですが、40代は子育ての真っ盛りであると同時に高齢者介護の時期に差し掛かります。

子育てと介護を両立しながら、さらに仕事やパートをこなすという事は、夫婦や家族の協力無しには決してうまくいかないでしょう。しかし、今の日本の現状は、親子3代が同居する事はまれであり、親の介護のために親のところへ通う事が現実的と言えます。介護する高齢者が近くにいれば日帰りの介護、つまり、スープの冷めない距離という事が可能ですね。
しかし、車や電車で介護に出かけると言う事は、日常生活では、仕事やパートをしながらではほぼ無理な事と言えます。

ヘルパーの手を借りる事が現実的ですね。お金がかかりますが、仕事を辞めて、素人知識で介護する事と、専門のヘルパーにお金を出して委託する事のどちらが質のよい介護と言えるでしょうか。どちらに偏っても介護の在り方としてはよくありませんね。介護するためにはお金もかかりますが、介護の気持ちは高齢者や病人に伝わりますので、直接介護出来ないけれど、なるべく顔を見せる事がこれからの委託介護の姿ではないかと思います。

老老介護となると、体力的にも質的にも介護の限界があります。介護する側、される側が不幸にならないためには、ヘルパーやケアマネージャーに相談する事が、介護する側とされる側にとって、質の高い人生、クオリティオブライフを送れる事になるのではないでしょうか。







夫婦とも40代です。私は妻です。昨日のためしてガッテン!を2

夫婦とも40代です。私は妻です。昨日のためしてガッテン!を2人で見ていたときの話です。介護役の山本陽子が、ベッドに寝ている寝たきり役の梅沢富美男を車椅子に移動させる場面を見ながら、(大変そうだなぁ。うちもいつ







病人」と化してしまいました。今、入院している病院の医師からは

病人」と化してしまいました。今、入院している病院の医師からは「この先、あの時助からず、死んでいてくれた方が楽かと思う状況が来るかも知れませんよ」と言われたと姉は落胆憔悴していました。







高2の理系の女子です。将来福祉系の仕事に就きたいと思っていて

高2の理系の女子です。将来福祉系の仕事に就きたいと思っていて、そのため社会福祉学科や人間社会学科、福祉社会学科などの進路を探しているところです。しかし実際福祉系の仕事についてよく知りません。現在社会福祉士やケアマネージャーなど


スポンサーサイト

長門裕之“老老介護”の現実について

中高年が高齢者を介護する時代であるが、芸能人のようにその生活がテレビを通して赤裸々に報道されると非常に生生しいものがある。

南田洋子さんはC型肝炎を患っており、尿毒症の症状がでたという事であるが、認知症である南田洋子さんから病状を言葉で聞く事はできないであろう。

たとえ寝たきりになっても介護するという長門裕之さんであるが、愛情の深さには感動する。

そして、マスコミ報道で長門裕之さんの口からたびたびでた言葉が「老老介護」という言葉である。

老人が老人を介護する時代であるという意味と、老人が老人を介護するためには、1人では絶対に介護できないという事を訴えている。

介護士やヘルパーや看護士などさまざまな介護関係者の手をかりないと、絶対に無理だというのだ。

経済的に不自由ないであろうと見られる長門裕之さんであるが、老体での介護には限界があり、介護を金銭で他人に任せきりにするという気持ちが微塵もないところに感動する。

このように、老老介護には、介護する側に主役が必要で、その愛情がなければ介護が成り立たないという事をつくづく知らされた。

1日も早く南田洋子さんの病状が回復する事を願うばかりである。

以下、(南田洋子が緊急入院、長門裕之“老老介護”の現実(夕刊フジ) より引用)

南田洋子が緊急入院、長門裕之“老老介護”の現実(夕刊フジ)

 意識混濁状態に陥り、1日朝、都内の大学病院に緊急入院した要介護状態の女優、南田洋子(76)。同日、緊急会見した夫の俳優、長門裕之(75)の言葉には社会問題化している“老老介護”の厳しい現実が浮き彫りになった。

  [フォト]長門裕之さんにキスをする南田洋子さん

 「彼女が植物状態か寝たきり状態になったら僕の責任。おれの人生どうなるんだろう」-長門は目に涙をにじませた。

 長門の説明によると、南田は先月28日に自宅で転び左腰を打ち、1日に病院に行く予定だった。朝、声をかけた時には意識が混濁していたという。C型肝炎のため便秘がひどく、アンモニアの毒素が体内を回ったことが意識障害の原因らしい。

 長門の介護はもう10年に及ぶ。長年住み慣れた豪邸を売却し、介護に都合の良いマンションに引っ越して献身的な世話を続けている。昨年からはメディアに老老介護の実態を語り、11月3日放送のテレビ朝日系「報道発ドキュメンタリ宣言」で密着ドキュメントも放送された。この放送では視聴率22.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の高視聴率をマーク、高齢化社会の厳しい介護事情に社会の関心が高いことを裏付けていた。

 入院は1カ月以内になる見込み。「洋子は僕のキスが嫌い。“もうしないから目を覚まして”と話しかけたら、ニコリとほほ笑んでくれた」。厳しい現実を夫婦愛が支えている。

【関連記事】
南田洋子が意識障害で入院 夫・長門「僕の責任」
長門裕之さん、励みは「妻、洋子のキス」 老老介護の激しい現実
「人間の尊厳を守る」長門裕之さん、介護の進化をとげたい
改編目玉のドキュメンタリー、TBS思わぬ苦戦
長門裕之「介護は恩返し」 妻、南田洋子の認知症涙で語る

引用はここまでです。

介助用食器 らくらくゴックン(おかゆ・ミキサー食用)

介助用食器 らくらくゴックン(おかゆ・ミキサー食用)

・・・かいごや.コムの商品はコチラ

¥3360

施設ケアマネは「声を上げて」―介護支援専門員協会長(医療介護CBニュース)

高齢者介護には、ケアマネージャーの存在は不可欠です。

そのケアマネージャーの介護報酬について改定されることになりました。

特別養護老人ホームの施設ケアマネについて声を上げてほしいというものですが、われわれに一番身近な存在の居宅介護支援事業所の在り方についても独立型黒字経営をを目指すという事です。

居宅介護支援事業所は、利用者を確保するため過当競争と言っているが、利用者側にとってみれば、本当に利用しやすい料金などになっているのだろうか。

介護にはケアマネージャーの存在は必要不可欠であり、質のよいケアマネージャーの人数を増やし、料金を見直しをして欲しいとつくづく考えさせられる。

このようなニュースを見ると、ケアマネージャーを管理する立場ばかりがニュースになっているが、我々のような在宅介護を行っている側からの意見やサービスの質などはどのように反映されるのであろうか。
老人介護をするためには、認知症介護をするためには、同居する介護者の知識と技術も必要であるが、そのようなケアマネージャーの存在も必要ではないかと考えている。

以下、(3月10日 施設ケアマネは「声を上げて」―介護支援専門員協会長(医療介護CBニュース) より引用)

施設ケアマネは「声を上げて」―介護支援専門員協会長(医療介護CBニュース)

 日本介護支援専門員協会(木村隆次会長)は3月9日、東京都内で同協会の都道府県支部の担当者を対象に「全国介護保険・介護報酬担当者会議」を開いた。会議ではまず、厚生労働省老健局振興課課長補佐で介護支援専門官の遠藤征也氏が「2009年度介護報酬改定の概要」と題して講演。居宅介護支援事業所の経営状態の改善に向けた努力を求めるとともに、医療連携加算などの加算を積極的に取得するよう促した。続いて同協会の木村会長が、ケアマネにかかわる介護報酬改定のポイントについて説明。また、特養など施設に勤めている「施設ケアマネ」の評価が今後の課題だとして、施設ケアマネ自身が「施設内で声を上げてほしい」と訴えた。

 遠藤氏は講演で、居宅介護支援事業所の在り方について、「われわれが最終的に目指していくのは独立型の事業所」と発言。独立型の事業所が増加し、全体の1割を占めるようになっている点を評価した。また、「仮に併設型でも、併設の事業所できっちり黒字経営ができるようになれば、それは『独立型』だと思う」と述べた。さらに、赤字経営の併設事業所のケアマネの中には、本体の特養などの施設に対して「非常に肩身の狭い思いをしている人もいると思う」とした上で、「こうしたことを踏まえると、独立型、併設型というよりも、事業所で黒字経営ができるようにすることが重要」と語った。

 居宅介護支援事業所の現状については、「利用者の確保で『過当競争』になっている」と指摘。08年度介護事業経営実態調査で、居宅介護支援の収支差率がマイナス17%となっており、「赤字で大変だという声がある」と語った。ただ、居宅介護支援事業所の中には、10-20%程度の黒字を計上している事業所も多くあり、「こうした事業所ではケアマネ1人当たり30-35ケースを担当している」と指摘した。
 さらに遠藤氏は、居宅介護支援事業所の経営に参入する営利法人が増えている点を指摘。「赤字になることが確実なサービス種別に営利法人は参入しない。やり方によっては採算が取れるという傾向が、(営利法人の参入に)はっきり出ていると思う」と述べた。
 
 また、厚労省が出した介護報酬改定に関する解釈通知などを、ケアマネ自身がよく確認するよう求めた。保険者や都道府県の解釈をうのみにせず、「保険者や都道府県と厚労省の考え方が違う場合は、きちんと相対して話し合ってほしい」と語った。
 
 このほか遠藤氏は、09年度の介護報酬改定では、基本単位のアップではなく加算を多く取り入れたと指摘。「本来あるべき姿は(基本単位への)一本化だが、事業者間でサービスの提供方法にばらつきがある中では難しい」と理解を求めた。さらに、09年度改定で新設される「医療連携加算」など各種の加算について、「効果が認められれば今後、基本単位への一本化にもつながる」と述べた。
 
 同協会の木村会長は09年度改定について、「介護給付費分科会に提言したことのかなりの点が実現につながった」と一定の評価を示した。
 
 また木村会長は、医療連携加算について、医療機関の職員との面談をしなくても、紙ベースの情報提供で算定は可能だが、今後の報酬改定で、さらに医療との連携で評価を得るには、「ケアマネ自らが医療機関に出向いて積極的に連携を図り、実績をつくっていくことが重要」と述べ、会員の協力を求めた。

 また同協会では、施設ケアマネの人員基準について、現行の100対1を上回る50対1の配置をした場合の加算を設けるよう求めていたが、これについては「失敗した」と述べた。その上で、次回の改定で施設ケアマネの評価が得られるよう、施設でのケアマネジメントの必要性を示すデータなどをそろえていくことが課題だとした。
 さらに木村会長は、「『施設内でケアマネの人員基準を変えてほしいとの声は上がっていない』との指摘を、多くの団体から受けた」と発言。「施設ケアマネ自身が、『施設の入所者へのケアマネジメントをきちんとするには、1人当たり100ケースは無理。人数を増やしてほしい』と、施設の中から声を上げてほしい」と協力を求めた。


【関連記事】
09年度介護報酬改定の概要(1) 居宅介護支援・介護予防支援
日本にケアマネジメントを確立する―08年回顧と09年の展望(8) 日本介護支援専門員協会・木村次会長
処遇改善と重要性訴え大会―日本介護支援専門員協会
ケアマネの処遇改善など求め決議―日本介護支援専門員協会
ケアマネジメントの評価など検討-介護給付費分科会

引用はここまでです。


介護と家族

高齢者、認知症介護を自宅で行っていても、家族が崩壊しないようにしなければなりません。
家族がお互いに幸せに暮らせるように考えるべきでしょう。
介護を経験した方は、自分のつらさを他人には味合わせたくないと、いろいろとアドバイスしてくれる事があります。
そのようなアドバイスを受ける方は次のような悩みを訴えているようです。
あなたにも心当たりがありませんか。

中高年の夫婦と子供が人、そして旦那さんの実父であるおじいさんとおばあさんで同居しているケースです。
このような家族は大都市では少ないかもしれませんが、地方都市ではよくあるパターンです。
最近は二世帯住宅も普及してきたので、キッチンは別でも同居されている方は少なくないでしょう。
もし、これを読んでいるあなたが嫁いだ身であれば、おじいさんは義父になりますね。
義父が認知症になったら、間違いなく自宅介護になるでしょう。
旦那さんは稼ぎ頭ですから介護はできません、老いた義理の母にできる事がメインになって介護をする事も無理です。
病院通い、福祉関係の手続き、そして介護そのものの負担。
このような生活を8年も続けた方がいます。人生80年とすれば8分の1の時間を介護に捧げたことになります。
40歳から介護生活に入れば、子育ての盛りとぶつかりますね。親と子供に挟まれた貴方を想像してみてください。
そのような介護経験者が、映画「おくりびと」のように、棺に入れてお葬式を出す時に感じることはどのような事でしょうか。苦労が報われたという気持ちでしょうか。疲れたという気持ちでしょうか。
私には経験が無いのでわかりません。しかし、経験された方に聞くと、認知症であれ病気であれ高齢者が行き続けたいという気持ちに打たれたということでした。自分も歳をとり、認知症や介護の世話になる事もあるでしょう。
それでも生き続けたいという気持ちを持つ事ができるかどうかわからないということです。
でも、介護を受けている高齢者も毎日頑張っていることが分かってからは介護の苦労もつらさも薄れていき、現実を見つめる事ができるようになったという事です。
義父に「気持ちよく過ごして欲しい」と思うようになり、高齢者の病気や認知症についても勉強するとともに、プロの方々、医師やケアワーカーに励まされたことも支えになったようです。

介護時の買い物について

在宅介護の場合、買い物はどうしていますか。

日常の食品などは、スーパーが近くにあればよいのですが、介護者がひとりの場合はスーパーに行く時間もありません。

野菜や卵、生鮮食料品は日持ちがしないので、どうしても買い物に行く必要があります。

でも、最近はスーパーで宅配をしてくれるところも増えてきました。

顔見知りになると、細かいことを言わなくても、そろそろ醤油が切れる時期ですよね、などと
三河屋さんのように勝手口でアドバイスしてくれます。

たすかりますね。こんな配達は。

でも、卵ひとパック、牛乳ひとパックだと気がひけますよね。

ついつい、他の物と一緒に注文しなければ、と思ってしまいます。

余計なものを買って、消費期限が切れてしまうなどという事はよくあることです。

もし、携帯やパソコンが使えるのであれば、ネット配達も便利です。

おいしっくすは携帯からもオーダーができます。

介護用だけでなく、自分の食材もオーダーできます。

本来は、子育てママや低農薬ユーザーのための宅配でしたが、

今は、スイーツもラインナップしています。

お近くのお店にお問い合わせください。

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

 | 介護福祉士らくらく合格勉強法 口コミ、情報、レビュー |  »

SEO対策:認知症 SEO対策:高齢 SEO対策:介護 SEO対策:医療 SEO対策:保険
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。