介護福祉士らくらく合格勉強法 口コミ、情報、レビュー

問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格 口コミ、情報、レビューについて紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老老介護の悩みと医療費

老人が高齢者を介護するという現在の状況は、介護される高齢者も、介護する老人もどちらも身体になんらかの疾患を持っていることが多いですね。

介護をしているとどうしても腰を痛める方が多いようです。
また、更年期によるストレスと介護によるストレスで神経的に弱ってしまう女性もいます。
心の負担は身体の負担となり、食欲がわかない、またはストレス解消で食べすぎてしまうなど、自律神経が弱って心身症の症状を起こす人もいます。

介護生活が長くなると、自分の身体の不調を我慢して介護を続ける方が多いので、症状が現れたときには重くなってしまうというケースも少なくないようです。
このように、介護される側、介護する側も病院に通っているという実情があります。

介護する方も介護される方も診察室の待合室で待っている光景をよく見ます。

このような生活が長くなると、老老介護にとって医療機関へ支払う診察費用は大変多くなってきます。年金や蓄えに手を付けている方々がほとんどではないでしょうか。

医療保険や介護保険、年金保険や労働保険など各種保険がありますが、これらは公的な保険なので、介護保障や老後生活保障はついていません。

個人的に保険会社と介護保障や老後生活保障を付けた保険を契約する必要があります。
現在、高齢者と言われる方々は昭和一ケタの方が多く、このような保険制度が生まれた時にはすでに50歳を超えており、保険料も高いことから加入者が少ないと言えます。老老介護における医療費や介護費用の負担への対応を軽くするためには保険加入も大切な決断なのです。

最近は高齢者が加入できる医療保険が販売されるようになりました。
老後生活保障や介護保障もより加入しやすくなれば介護負担も軽減されるでしょう。
スポンサーサイト

主治医に聞きました

ちょっと風邪気味だったので、年末を乗り切るためにに、かかりつけの主治医のところへいきました。

例によって医療保険の相談です。

有名な病院などでは、差額ベッド料を高額にとっている(6万円とか)を除いて、一般的な病院では90日以上の入院は健康保険の対象外になるので、91日目から出て行ってもらう事を検討するとのことです。

テレビ番組でも特集を組んでいましたが、老後に差額ベッド料を払えるお金持ち以外は、長生きできないという仕組みのようです。

生命保険はそのような状態になっても生活の保障や入院保障が出るようなタイプを選ぶのがよいかもしれませんが、医療保険の入院給付金はあくまでも入院出来ていることが前提です。

長期入院して療養するためには差額ベッドに入って、病院に利益をもたらさなければいけません。

そのお金はどこから捻出するか。

残念ながら、医療保険は入院実績に対して支払われるので、差額ベッド料に当てる事は可能ですが、差額ベッドが3万円だとしたら、医療保険では対応できなくなります。

医療保険は1日あたり10000円が相場です。

掛け捨ての医療保険に2、3口入っておかなければ支払できませんね。

生命保険会社に聞いても、生命保険に特約を付けないと医療保険に入れません。

では、掛け捨ての医療保険とは。

テレビCMでおなじみのもの、生活生協・・・・調べてみてください。

損害保険会社も含めて。

生命保険の医療特約を長くしても使えません

老人や高齢者の生命保険には医療特約がついていることでしょう。

最近でこそ、入院180日という長期のものがありますが、そのようなものは保険料も高いですね。

でも、たとえガンになっても2ヶ月の治療で病院から出なければならないという現状を知っていますか。

さらに後期高齢者は長期療養が必要が場合は老人介護施設に入らなければ生きていけないという現状です。

病院の医師でさえ自分の生命保険の医療特約は90日がいいところです。

高齢者の医療保険について

老人や高齢者の生命保険と医療保険について考えてみましょう。

ファイナンシャルプランナーにまともに相談するとお金をとられますが
無料相談を受けてくれるところがたくさんあります。

いやあ、知ると知らないとでは大違い。

終身払いと60歳払の違いもよくわからなかったですからね(汗)

それと、医療保険ですね。

通院特約が意外と少ない。

入院特約はたっぷりあります。

360日なんてのもありますが、今の病院はそんなに長く入院させませんから。

医療制度と医療保険がやっとリンクしてたかな、というところですが
消費者にはまだまだ理解ができません。

 | 介護福祉士らくらく合格勉強法 口コミ、情報、レビュー | 

SEO対策:認知症 SEO対策:高齢 SEO対策:介護 SEO対策:医療 SEO対策:保険
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。